フォトアルバム

お知らせ

Facebook

サイト内検索

  • Loading

« 生きものはみんなつながっている | メイン | ネイチャーゲームで武蔵野公園の自然を再発見 »

草原と木と森とネイチャーゲーム

日時:2011年8月28日(日曜日)10:00~12:30
場所:都立武蔵国分寺公園

イベントの前日までは雨続きでしたが当日はすかっかリと晴れ、しかも木陰にいればさわやかな日でした。まずはアイスブレイキングで「キオニ」。リーダーの出題する木を探して鬼ごっこ。「草原の戦士」では広い原っぱで目を閉じて太鼓の音のする方に向かって歩きました。「宝探し」では野鳥の森の中でセミの抜け殻、クルミの実などの自然の宝物をたくさん見つけました。「木へのインタビュー」ではお気に入りの木にニックネームを付け、友達になりました。

20110828_01
20110828_02

「キオニ」でアイスブレーキング!

「まっすぐな木!」のオニの声でさぁスタート!

みんな、まっすぐな木に向かって一直線!
20110828_03
20110828_04

二人一組になって、一方が目をつむって草原を

歩きます。合図はインディアンドラムです。

 

30メートル離れたところに目をつむってさぁ出発。

 

20110828_05
20110828_06
今度は森の中で宝探し。さてどれから探そうかな?

「この葉っぱトゲトゲしてる!」

20110828_07
20110828_08

見つけた宝物をみんなに公開!

わぁ、なんだろう、これ?

次はお気に入りの木へインタビュー!
20110828_09
20110828_10
この木にはどんな生き物がいるでしょう?

インタビューが終わったら

みんなで発表し合いました。

 

参加者の声:

-「緑の中でゲームをしたり、子供と大人とエージレスで自然に触れあえたのがよかった。」
-「ゆっくりじっくり自然と触れあえたことで久しぶりの感覚を楽しめました。」
-「森の宝さがしが楽しかった。」
-「目をつむって歩くというのはスイカ割り程度の経験だったので意外に気持ちがよいのを発見しました。」

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://bb.lekumo.jp/t/trackback/601921/30931661

草原と木と森とネイチャーゲームを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿