フォトアルバム

お知らせ

Facebook

サイト内検索

  • Loading

« 木の実いっぱい、落ち葉いっぱい、色づく森でネイチャーゲーム | メイン | 夕暮れの公園〜神秘の森 セミの羽化とコウモリの観察 »

ようこそ。めぶきの森へ

日時:2019年4月27日(土曜)10:00〜12:30
場所:都立 武蔵野公園

雨に濡れた公園での実施。草木のにおいがより引き立ち、緑のベールがかかったようです。<木おに>では、「コケのついている木!」等、リーダーから出されるお題の木をさがし、オニに捕まる前にGO!オニが迫力あり、ちょっとビックリ!?続いて<きこりの親方>では、親方の質問に答えるため、子分達が調査に行きます。「コブがある」「根本に花が咲いてる」などの有力情報を頼りに、親方が木をさがします。親方たちの素晴らしいカンや、有能な子分たちのおかげで、見事、探し当てました。この公園には、不思議な形の木が沢山。まねっこして遊びました(木のシルエット)。最後に、<目かくし歩き>で進み、恥ずかしがり屋の木とご対面。木の形を良く見て、感じて、<木の詩>を作りました。それぞれが感じたことを組み合わせただけですが、素晴らしい詩ができました!雨に洗われてみずみずしい「めぶきの森」で、気持ちの良い活動になりました。

アクティビティの様子:

Img_0091 新緑がうつくしい公園で

Img_0093 ネイチャーゲームのはじまりです

Img_0095 まずは「木おに」の前の準備体操

Img_0097 オニにつかまらないように!

Img_0103 「きこりの親方」目指す木まで何歩かな?

Img_0105 その木の下のまわりはどうなってる?

Img_0107 大正解!親方はほっとしています

Img_0112 目かくし歩きで「その木」まで歩いてご対面!

Img_0115 「その木」をよくみて、感じて

Img_0119 「木の詩」をつくって発表し合いました!

参加者の声:
-「子どもの頃を思いだした。子ども目線は素敵。」
-「ゲームだけでなく、沢山の自然を感じることができた。」
-「子どもたちが、草や木,虫をみるだけでも喜んでいた。」
-「みんなの詩がとても良かった。」
-「目かくしをして歩いたのが新しい発見だった。」

コメント

コメントを投稿